あなたの虫歯の症状をチェック!最適な治療法・費用・歯医者の選び方

あなたは虫歯が痛くて、歯医者に行こうと思っているが、歯を削るのか・神経を抜くことになっているのか、不安になっていませんか?

実は、虫歯の進行が神経の近くまで進まないとほとんど症状がでないため、歯がしみたり、痛みが出る頃には神経を抜く必要がある場合が多いのです。

この記事で自分の症状のレベルを把握し、どんな治療が必要なのか参考にしてください。

1.症状のレベルを説明

レベル1 初期虫歯(痛みはない)

チェックリスト

□     歯の表面に白い濁りがある
□     歯の溝が黒く見える
□    デンタルフロスが引っかかる

上記に当てはまる方は初期虫歯の可能性が有ります。

初期虫歯の見た目は歯の表面が白くなったり、黒くなったりしています。歯の表面のエナメル質やその下の象牙質に少し虫歯が進行した状態です。虫歯の深さはレントゲンやダイアグノデント(レーザーで虫歯の深さを測る機器)で確認します。

あなたに合った治療法がみつかる!

レベル2 痛みはないが進行した虫歯

チェックリスト

□     歯の表面に穴が開き、黒く見える
□     冷たいものや甘いものがしみる
□    物が詰まりやすい

上記に当てはまる方は痛みがないが進行した虫歯の可能性が有ります。

虫歯は神経の近くまで進行しないとシミや痛みなどの症状が出ないことが多いのです。歯に穴が空いたり、欠けたりしても、歯の神経にダメージがなければ症状は出ないのです。痛みが出る前に虫歯の治療を行うことができれば、歯を削る量も少なく、神経を残すことができ歯の寿命を長くすることができます。

あなたに合った治療法がみつかる!

レベル3 症状のある虫歯

チェックリスト

□     熱いものがしみる
□     何もしなくてもズキズキと痛い
□     噛むと痛い

上記に当てはまる方は神経の近くまで虫歯が進行している可能性が有ります。

虫歯が進行し歯の神経まで近くなるとシミや痛みの症状が出ます。虫歯の歯が一時的にしみる程度であれば、神経を残せる可能性があります。強い痛みや噛んだ時の痛みが出てくると神経を抜く治療が必要となります。

あなたに合った治療法がみつかる!

各レベルごとの治療法

レベル1の治療法 初期虫歯の治療法

初期虫歯は虫歯の進行を止める治療を行います。唾液検査によって虫歯ができた原因を探り、口の中に虫歯が出来にくい環境を作リます。また、初期虫歯を唾液による再石灰化を促し、フッ素で強化する事によって虫歯の部分が固くなり、虫歯の進行を止めます

唾液検査とは
虫歯になる原因は歯磨きが悪いだけではありません。口の中の細菌の量や唾液の量、質、歯の強さなど多くの原因があります。唾液検査によって虫歯の原因となるものをさがし、効果的に虫歯予防をします。

痛みがない深い虫歯の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。

初期虫歯の治療の流れ

STEP 1 口の中を虫歯のできない環境にする

初期虫歯ができている口の中の環境では虫歯の進行を止めることはできません。唾液検査でなぜ、現在虫歯ができているのか原因を探り、虫歯ができない環境を整えます。

STEP 2 虫歯の深さを測る

ダイアグノデントという器械で虫歯の深さを測ります。初期虫歯にレーザーを当てて、深さを測定します。深さによってフッ素の使い方を変えます。

STEP 3 浅い初期虫歯の場合

まだ、虫歯が進行し始めていない浅い初期虫歯の場合はフッ素濃度が9000ppmのジェルを塗ります。フッ素塗布後30分程度飲食を控えます。3ヶ月に一度フッ素を定期的に塗布します。

STEP 4 深い初期虫歯の場合

まだ削るほどではないが虫歯が深くなり始めている初期虫歯にはフッ素濃度が22600ppmのフッ素を塗布します。塗布後ペースト部分の歯磨きは24時間避けるようにします。毎月、虫歯の進行が止まっているか確認しながらフッ素のペーストを塗布します。

STEP5 毎日自宅でフッ素を塗る

歯医者で行うフッ素は持続的な効果がありません。毎日自宅で低濃度のフッ素を塗り続け、初期虫歯に、ある程度のフッ素濃度を維持する必要があります。

レベル2の治療法 症状はないが進行した虫歯

症状はないが進行した虫歯は虫歯菌に感染した部分を取り除き、セラミックやプラスチックなどの人工物で補う治療をします。

痛みがない深い虫歯の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。かなり具体的にイメージが湧くと思います。

症状のない進行した虫歯の治療の流れ

STEP1 虫歯を取り除きます

虫歯は歯の神経に達しないと痛みなどの症状が出ない場合があります。症状がなくても虫歯は大きく進行しています。
歯を削ると中から大きな虫歯が現れます。虫歯菌に感染した歯は軟かく、スプーンのような器具で簡単に取り除くことができます。

STEP2 虫歯を赤く染め出します

感染している虫歯だけを赤く染め出すう蝕検知液(うしょくけんちえき)というものがあります。残っている歯を傷つけず、虫歯の部分だけを取り除くことができます。

STEP3 穴の部分にプラスチックを詰めます

虫歯を取り除いた歯の穴の部分にコンポジットレジンというプラスチックを詰めます。虫歯の大きさや噛む力がかかる部分によってセラミックや金属を使う場合があります。

STEP4 コンポジットレジンを詰めて終了です

コンポジットレジンは歯と同じ色の材料なので目立たず治療を行うことができます。しかし、人工の材料は劣化し、再治療を繰り返す必要があります。定期的に歯医者でメンテナンスをし、新たな虫歯や材料の劣化に注意する必要があります。

期間・費用

治療回数・・・1〜3回程度です。
費用・・・保険診療3割負担の方で1回の診療分が1,500円〜3,000円程度です。

レベル3の治療法 症状のある虫歯

症状のある虫歯は虫歯菌が感染した部分を取り除き、神経を保護する薬を詰めて経過観察します。
経過によって以下の2パターンに分かれます。

治療によって症状が消えた場合→そのまま神経を残し、セラミックやプラスチックなどの人工物で補う治療を行います。

治療によって症状が改善しない場合→歯の神経を抜く治療を行います。

最新治療:MTAセメント

MTAセメントは虫歯が深く歯の神経ギリギリまで進行している場合や神経が出てしまっている場合など神経を保護するセメントです。MTAセメントで保護するとMTAセメント周辺に歯が再生(修復象牙質)しやすくなります

虫歯が深く神経の近くまで進行した治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。かなり具体的にイメージが湧くと思います。

STEP1 虫歯を取り除きます

虫歯に感染した歯は軟かくなります。スプーンのような器具で簡単に虫歯の部分を取り除くことができます。丁寧に虫歯によって感染した部分を取っていきます。

STEP2 虫歯に感染した部分を取り残さないように薬剤で赤く染めます

細菌に感染している虫歯は専門の液で染め出すと赤く染まります。残っている歯を傷つけず、虫歯だけを取り除くために虫歯を染めだして、丁寧に取り除きます。

STEP3 神経を再生させるMTAセメントを詰める

虫歯が深く歯の神経に近い部分や神経が出てしまっている部分に歯の神経を再生させるMTAセメントという薬を詰めます。

STEP4 歯を補強するセメントを詰める

MTAセメントを詰めた後、歯を補強したり、封鎖したりする目的でより強度のあるセメントを詰めます。数ヶ月経過観察をし、歯の神経が改善しているようであれば最終的な被せ物などを行います。

治療後のリスク

虫歯の進行は口の中の環境によって変わります。例えば今まで一度も虫歯になったことが無い人が高血圧の薬を飲み始めたら虫歯が出来始めた、これは薬によって唾液の量が減ったからです。また、神経を残す治療をしてセラミックを被せたが3年後に痛みが出た、これは神経を再生することができず死んでしまったことが原因です。このように100%の治療は有りません。治療後も定期的に歯医者でメンテナンスを行うことで、虫歯の進行や変化を早期に発見することが出来ます。

期間・費用

治療回数・・・1〜3回程度です。
費用・・・保険診療3割負担の方で1回の診療分が1,500円〜3,000円程度です。

虫歯治療が任せられる歯医者選び方のポイント

・虫歯治療の前に口の中の環境を整えてから治療を行う歯医者

歯茎が腫れていたり、歯石が付いている口の中で治療を行っても精度の高い治療を行うことは出来ません。虫歯治療の前に歯周病の治療を行い、出血のないキレイな口の中で治療をしてくれる歯医者は、丁寧な治療をしてくれます。

・予防歯科を行ってくれる歯医者

虫歯は口の中を虫歯の出来ない環境を作らない限り、また新たに虫歯ができます。歯は削れば削るほど寿命が短くなります。ただ、削って詰めるだけの治療でなく、虫歯ができないようにする予防歯科を進めてくれる歯医者がおすすめです。

・ラバーダムやマイクロスコープで治療をしてくれる歯医者

虫歯が深い場合は唾液などの感染を避けなければなりません。ラバーダムと言うゴムのマスクを歯にかけて細菌の侵入を防いでくれる歯医者はおすすめです。また、マイクロスコープと言う手術用顕微鏡で精密な治療を行ってくれる歯医者もおすすめです。

・写真や動画で自分の歯の状態を説明してくれる歯医者

歯医者で鏡を見て、どこが虫歯なのか説明されてもなかなかわかりにくいものです。虫歯の状態を写真や動画で説明してくれる歯医者はなぜ削らなくてはいけないのか、治療によってどのようになったのかをわかりやすく説明してくれる歯医者です。お互いに認識の違いでトラブルになるよりもしっかりと証拠を残してくれる歯医者がおすすめです。

予防法

虫歯は虫歯菌が歯を溶かす酸によって歯が溶かされることが原因です。しかし、虫歯が出来やすい人と出来にくい人の違いは一人一人違います。唾液の量や唾液の力、歯の固さ、フッ素の使い方、歯磨きの仕方、虫歯菌の量、食事の取り方や時間をコントロールする事によって虫歯予防が出来ます。唾液検査で自分自身の虫歯の原因を知る事で効果的な虫歯予防ができます。